PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今度こそ幸せにね……

札幌動物管理センターに飼い主より持ち込まれたラブラドール7頭のことをブログに書いた翌日……
「1頭だけだけど、引き出しましょうか?」とメッセージをいただき……
「え?」正直そのメールに驚きと戸惑いがありました。
だってその方は遠く本州……
私が代理で引き出すってこと?どの子?
そのお返事は……「そちらに行きます」というもの……いや、ホントにビックリしました。
だって……あのHPに書いてある文面を読む限り、簡単では無いこと、分かると思いますから……

お洋服のお客様……そしてそれがきっかけでFacebookでお友達になり……たった一度のお付き合い……
なのに……この度、はるか遠く関西方面から一つの命を救いたいと来ていただけました。
彼女の行動力、決断力に脱帽するばかりでした。

私の仕事がお休みの日と彼女の都合が合ったのが昨日の月曜日……
なので日曜日の夜の便でいらして、月曜日に引き出してその夜の便で連れて帰る……という強行スケジュールです。
見てから決める……ということではなく、彼女はもう必ずどちらかを連れて帰る……という決意でいらしていました。
黒ラブの♀が2頭おりましたから、そのどちらかです。
空港まで迎えに行く予定だったのですが、急遽仕事が18時までとなり、間に合わない……
仕方なくJRで札幌駅まで来ていただき、改札で待ち合わせ。
目印は私が持っているラブのイラストのipadケース!
心配しましたが、無事に落ち合うことが出来ました。何たって初対面ですから~笑
どこかで食事を~と思いましたが、何たって街に出ることが少ないあたし……
でっかいどうらしいなら居酒屋かな~と……
何とかパセオで居酒屋を見つけ、晩ご飯を~なかなか美味しいお店でした。
残念ながらあたしは車なので、飲めませんでしたけど、最近居酒屋行くこと無くなっていたから新鮮でした~
本州にはおそらく無いだろうと思われる「ラーメンサラダ」……とても気に入ってくださいました。
焼き鳥の豚串もあんまり無いだろうしね~笑
お腹もいっぱいになったところで、我が家に来ていただき、マール達とご挨拶して~
あ、写真無かったねぇ~
狭い狭い、和室のヌイヌイ部屋で申し訳なかったけど、お一人だったので泊まっていただきました。

当日の朝は、爽やかな朝でした。
お散歩にお付き合いいただきました~
でっかいどうの爽やかな朝を満喫していただけたかしら~笑
hana1_20140909082218a30.jpg
あまりに気持ちが良かったので「バルコニーで朝食を」……それ、「ティファニーだから~」って突っ込んでくださいな~笑
asagohan_201409090822171ff.jpg

そしていざ現地管理センターへ~
いやぁ、遠い遠い~初めて行きましたが、ナビが変で、砂利道通るし、Uターンさせられるし~迷いながらやっとたどり着きました~
現地でゆらさんと待ち合わせ。今回の件、ゆらさんがFacebookに書いてあったのを見て知ったので、同行していただけるようお願いしてありました。

中の様子は、管理センターのHPに書いてある通り……
私達が中に入って行くとみんな一斉に吠えたて……犬舎のフェンスに飛びかかり~
もう出して欲しくて仕方ないのだと思います。

みんな元気にしていましたが、1頭だけ臆病な子が居て……顔が何となくマールに似ていて……
犬舎の奥の方に座って……
悲しくて涙が溢れました。何もしてあげることができません。


職員さん(獣医さん)の説明を聞くと……彼女が希望している黒ラブの♀が特に難しいとのお話しでした。
ただ、実際にご飯などのお世話をしている職員さんと接する様子を見ている限り、きっと犬舎から出れば変わるはず……
という感じはありました。
ただ、かなり大きいし、敷地内で放し飼いで飼われていたようで、要は野良犬と変わらぬ環境だったとのこと……

吠えはおそらく、群集心理……1頭吠えれば皆吠える……ましてやあの犬舎に入れられっぱなしでそこに誰かがやってきたら「出して~ここから出して~」と吠えるのは当たり前のことだと思うのです。
マールの訓練をお願いしたところにも、訓練に出したまま引き取りに来ない……置き去りにされたラブが何頭か居ました。料金後払いだったことを良いことに預けてそのままトンズラ……連絡先に電話を掛けても「現在使われておりません」。
そんな子たちを訓練所のオーナーさんはそのまま引き取って育てていました。確か5~6頭居ました。
オーナーによって救われた命だけれど、外に繋がれていたその子達の瞳は寂しそうで今でもはっきり覚えています。
私が訓練に行った時にはやっぱり同じように吠え立てていました。
寂しいんですよ……かまってほしいんですよ……だってラブラドールなんですもん……

獣医さんの口からはマイナスの言葉しか出て来ませんでした。
いや、安易に「大丈夫大丈夫、問題有りませんよ~」なんて言うよりは良いのかもしれませんがね……
引き取るつもりでいらしていた彼女は、当然管理センターのHPを見て、問題が多い、難しい子だということは百も承知で、わざわざ飛行機で来ている訳です。
躾け教室のことも当然考え、ゆらさんもバリケンを寄付してくださり、私もチョークチェーンを渡しました。
3人ともラブのこと、十分知っているつもりです。
ましてやあたしは男子を育てています。引きの強さも分かっているつもりです。
躾の入ってないぶっ飛びがどんなもんかも分かっているつもりです。
なので、取りあえず犬舎から出して、少しお外での様子を見せてもらえないか?とお願いしてみたんですが……
「無理です!暴れますから……引きずられますから……」の一点張り。
「大の男でも引きずられますから無理無理……」の一点張り。
「もし、連れて行くにしても一度バリケンに入れたら、それ以降は一度も出さずに飛行機に乗せなければ無理」と……
「飛行機にも果たして乗せられるか……吠えるしバリケンの中でも暴れそうだし」と……
だから、その辺のことを見極めたくて犬舎から出して欲しいとお願いしているのに無理の一点張り。
結局は譲渡前に外に出して、何かあったらどうするんだ……という自分たちの責任問題になりかねないところの心配だったように思う。
あんな風に言われてしまったら、引き取ろうと思って来た人達も間違いなく断念してしまうだろう……

でも……彼女の意志は強く、絶対どちらかを連れて帰る!飛行機がダメなら船もある……
あの獣医師の言葉にも動じず、断固として決断した彼女にあたしは脱帽です。
なかなか決断できることではないと思います。
ただただ犬を愛する……救いたい……という強い気持ちなんだと……

3人で何度も頼んでみたが、結局許可は下りず、犬舎にいる状態、フェンス越しでどちらかを選ぶしか無かったのです。
そんなことっておかしくない?
ホントに譲渡してあげたいって思ってるの?
私達がリードを持つのを許可出来ないなら、せめてお世話をしている職員さんたちにお願いして歩く姿など見せてくれても良かったのでは……と思うのです。

朝イチに行ったんだけど、結局、バリケンに入れたら出さないで飛行機に乗せる……ということを言われたので長い時間は可哀想すぎる……
飛行機は夜ですから……
3歳の黒ラブに決めて、一度管理センターを後にし、夕方引き取りに行って、その足で空港へ向かうことにしました。

本当は、黒ラブちゃんを引き出したあと、シャンプーをあいどっぐらんしてあげて、その間、他のワンコ達をランで遊ばせ、人間はランチを取り、それから我が家に戻って、ワンコとの関係を見たりして、時間を潰し、夕方空港へ向かおうと思っていました。なので、ゆらさんもふた姫ちゃんを連れて来ていたし、我が家もエリーだけ連れて行っていました。
残念ながらシャンプーをしてあげることも、我が家に連れて来ることも叶わず……
夕方まで時間を潰さなきゃいけないことになったので、あいどっぐらんで遊ばせて、また管理センターに出向くことにしました。我が家に戻るには時間的ロスがありすぎる(>o<)
だって、我が家と管理センターって端から端なんですもん(>o<)
一度帰る予定だったので、彼女の荷物を置きっぱなしにしていました。
そこで、おっとうに活躍していただきました。荷物を持ってあいどっぐらんまで来てもらい、帰りにエリーを連れて帰ってもらいました。おっとう、ありがとね!忙しかったのに、快く協力してくれたおっとうに感謝です!
erihaha.jpg
3wanko_20140909224425a64.jpg
erirui.jpg
erirui2.jpg
erirui3.jpg
マールも連れて来てやってれば良かったな~と……
りるちゃんは、今日もマイペースにお一人様満喫しておりました~笑
rui_201409092247062c7.jpg
ランチして、時間潰して、再び管理センターへ~

4時に着いた時、初めて職員さんがバリケンに入れるために連れ出していたさくらちゃん(すでに彼女は名前を決めていた)を見ることが出来ました。確かに大きいけれど、そんなに興奮もしていなかったし、引きもさほど強い感じではなかったかな……ラブに慣れている人なら全然大丈夫!って感じでした。
この写真は職員さんがバリケンに入れてくれたあとの写真です。
sakura_20140909082221c56.jpg
こうして無事に、黒ラブの3歳の♀を引き出すことができ、さくらちゃんと命名されました。

ここで、ゆらさんとお別れして空港へ向かいました。ゆらさん、終日お付き合いいただき有り難うございました。
またバリケンの寄付も有り難うございました。

車内でも吠えることも無く、特に興奮することも無くちゃんと乗っていてくれました。
輪厚のサービスエリアに寄った時に、少し吠えたくらいかな~
彼女が欲しかったトウキビは残念ながら完売で買えなかった~結局ジャガイモ……男爵とインカのめざめをゲット!

無事空港に着いて……
車から降ろす時にバリケンごと下ろすのはかなりの重さで大変でしたが、まぁ力持ちの女性二人、火事場の馬鹿力でしょうか……何とか台車に下ろすことが出来ました。ちなみにさくらちゃん、41キロあったそうな(°0°)
バリケンの重さも入れるとさらに(°0°)(°0°)そりゃ重いはずだわさ!良く持てたなぁ~と。

一応吠えが心配だったので、車に敷いてあった大きなバスタオルでバリケンを包み、外が見えないようにして運びました。
搭乗手続きカウンターまでの移動距離、全く吠えなく、何の問題も無くクリアすることができました。
さくらちゃん、なかなかのお利口さんです。
ちゃんと空気読んで、幸せになる道を掴んでくれました。
手荷物として預けたところで、あたしはお役ご免!ホッとしました。

彼女とはここでお別れ……あとは無事に元気に到着してくれることを祈りながら高速を走り……
運転しながら、色んな思いが駆け巡りました。
残された6頭のこと……あの臆病な♂の顔が忘れられません……
ドッと疲れたのは肉体的にではなく、精神的にだったんだと思います。

夜22時過ぎに無事に到着し、さくらちゃんも元気にしていると連絡をいただき、ホッとしました。

そして、本日病院に連れて行きましたが、血液検査も問題なく、狂犬病注射を済ませたとのことでした。
良かった良かった!
これからははなちゃんママとパパの愛情をいっぱいいっぱい受けて、色んなこと経験して幸せになってね!
今まで不幸だった分、幸せになってね……甘えて良いんだからね……
はなちゃんママが、「この子が我が家に馴染むには、生まれ育った年数と同じだけ掛かるかも……でも、愛情持って接すれば絶対それは通じるから問題行動があっても乗り越えられるはず……」と言っていました。
本州から遠くでっかいどうまで……そして覚悟を持って引き出してくれたはなママさんの行動力、決断力、深い深い愛に脱帽するとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分では何もしてあげられない……せめてこの事実を広く知ってもらうことぐらいしか……とブログに書いたことで、洋服のお客様でありFacebookで繋がったはなちゃんママさん……
そして繋がった黒ラブさくらちゃんとはなちゃんママさんのご縁……
何かとても不思議な感じです。
残念ながら今日も管理センターのHPには残り6頭のラブが居ました。
おそらく、皆1頭1頭になれば、吠えもそんなに無く、時間は掛かっても普通の家庭犬として馴染んでいくであろうと私は思います。だってラブラドールだもん!

PS:私は保護活動に熱心な訳ではありません。正直、後を絶たない飼い主の持ち込みによる飼育放棄……
悲しくなるばかりで、どうしてあげることもできないので、管理センターのHPもあまり見ないようにしています。
ただ、今回は7頭ものラブラドール……それもまた飼い主による持ち込み……という衝撃的な事実だったのでこういうことになりましたが、常日頃から熱心に思っているような人間ではありません。
今回のことで、「えらいなぁ~」とか「凄いな~」とか言ってくださる方々がおりますが、決してそのような崇高な思いも尊敬されるような心の持ち主でもありません。凄いのははなちゃんママであり、あたしではありません。
助けてあげたい!というはなちゃんママさんへサポートできることをしただけのことです。
エリーを保健所から迎えた時も、「偉いな~」とか「尊敬するな~」とか言われましたが、助けたいというより、この子が欲しいと思った気持ちの方が強かったと思います。ですから今回のことも、成り行きでこうなっただけのことですので、誤解の無いようにと思います。
eri_20140909235433004.jpg

さくらちゃん、幸せにね!そしてこれからまだきっと大変なことがいっぱいあると思うけど、どうか頑張って素敵な家族になれますよう、はなちゃん家を応援していきますね!
有り難うございました。そしてお疲れ様でした。


スポンサーサイト

| 未分類 | 23:32 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

本当に良かったね!!
私もセンターのホームページはチェックしているので気になっていました!
マール母さん繋がりで里親が見つかり本当に良かった!!
残った子達にも1日も早く里親が見つかることを心から祈ってます!!

| レイママ | 2014/09/10 00:38 | URL | ≫ EDIT

 マール君ママさんのおっしゃる通りです。保護活動に熱心な訳ではありません。この仔は我が家に来る運命だったのです。
私は今回お二方のサポートのお陰で彼女を連れてこれましたが、あのような獣医の説明では見に行った方も中々出す迄にいかないね。東京から来られた方は連れて帰ろうと思って行ったはず。でも、あの説明で自分一人(1名か家族で行ったかは判りませんが)出すと決断するのは厳しいと思います。 ラブを飼われた経験があれば十分に助かる命の仔達です。獣医さんの言う「難しい子、引きずられます」その仔は引きは強いです。しかし、コントロール不能ではありません。「ダメ」の言葉理解します。


小型犬を想像されて仰ったのかしら?難しい子は今私の部屋でリラックスした様子で寝ておりますが、(部屋2階、自分で上がってくる)獣医さん、コントロール不能はアナタじゃ無いですか?ホームページ作成は仕事してますよアピールですか?

 

| はな | 2014/09/10 03:46 | URL | ≫ EDIT

★レイママさん★
レスが遅れてごめんなさい。
元気にしていますか?
残りの子も明るい未来があることを願っています。

★はなママさん★
ホントに遠くから救って下さって有り難うございます。
はなちゃんとの距離も縮まっているようでホッとしています。
どんどん吸収していって欲しいですね。

| マール母 | 2014/09/12 22:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT